ゴリ押しの風俗嬢

S級風俗嬢を落とすために使っている

S級風俗嬢を落とすため、僕は頻繁に使っています。風俗嬢なんて、正直落とせる気がしません。まるで難攻不落の城に攻め入る足軽のごとく。僕はガタガタと震える足を何とか抑えて、デリヘルを呼ぶ。来てくれたS級風俗嬢とは、もう5回目のプレイ。「また指名してくれてありがとう」彼女も僕のことを覚えているわけです。さっそく僕は彼女とシャワーに入り、今日は序盤から攻めていく。「それにしても、可愛いよねぇ」とまずは徐々に褒めていく戦法。相手は言われ慣れているから流すが、そこは・・・押し通る!「一段と今日は綺麗だよね」と攻め続け、彼女が照れ始めたところで「今って彼氏とかいる?」と自然に聞く。ここで、彼女は必ず「いない」と言うはずだ。なぜなら、風俗嬢は彼氏がいるとわかると使ってもらえなくなるからだ。さぁ、「いない」と言え・・・。「いるよ」とデリヘル嬢。え?彼氏いるのか。そもそも普通に言って良いのか。僕は頭がパニックになったまま、そのままショートしました。